今求められる薬剤師像とは

薬剤師にも、ヒューマンスキルが重要です!

今求められる薬剤師像とは

近年、薬剤師は売り手市場と言われ、不況下にありながら「こだわらなければ就職・再就職は難しくない」とされていました。しかしながら、今後は薬剤師の需要が大幅に減少するという見方もあり、油断ならない状況になりつつあるのも事実です。

薬剤師免許さえあれば、一生涯安定した生活を送れるという時代は、もう過ぎ去ったと言って良いでしょう。 こういった流れにおいて、これから先「どのような人材が求められているのか」という点を把握しておくことが、大変重要となってきます。

現在、求人側が求める薬剤師は、現場で実際に役立つ人材、つまり「医療に携わる人間としてのマインドと、薬学の専門家としての確立されたスタンスを併せ持つ人間」だとされています。 これは、病院薬剤師・調剤薬剤師・ドラッグストア薬剤師の区別なく、どのような勤務先、分野でも共通した認識と考えて良いでしょう。

薬学部の教育課程が6年制となった今も、薬剤師国家試験に合格し免許を取得しただけでは、現場で即戦力とはなり得ません。現場で必要とされる人材となるには、薬剤師としての経験を積み、知識や教養、スキルを磨くと共に、コミュニケーション能力を高めるなど、ヒューマンスキルを向上させることが重要となります。

では、薬剤師に必要とされるヒューマンスキルとは、具体的にどういったものなのでしょうか? 分かりやすくご説明するならば、患者さんと向き合う際の意識が高く、共に病気へ立ち向かおうとする共感力を持ち、問題解決までの方針が分かりやすく説明できるなど、患者さんから信頼を寄せられる姿勢と技術を持つこと、と言えるでしょう。

こういったヒューマンスキルは、個々の素養や素質が負う部分が多いとされていますが、日々の努力や意識改善で向上させることも十分可能です。 だからこそ、このスキルをもつ人材が求められているのです。

また近年、薬剤師にはヒューマンスキルと共に、現場で業務を円滑に行うための、高いコミュニケーションスキルも重要視されています。 この2つのスキルは、どのような勤務先に就職・転職するにも必須となりますので、日頃からスキル・能力の向上に心がけることをお勧めします。