病院で勤務する薬剤師の仕事とお給料の相場とメリット

病院薬剤師が人気の理由に迫ります!

病院で勤務する薬剤師の仕事とお給料の相場とメリット

薬剤師が仕事をするシーンは増えてきており企業・ドラッグストア・調剤薬局・病院などです。 ここでは、病院で勤務する薬剤師の仕事とお給料の相場とメリットについて説明いたします。

病院勤務をする薬剤師は調剤をしたり服薬指導をすることが主な業務です。 それ以外の業務は薬歴や医薬品の管理や薬の供給があります。 病院内では医薬品の購入をしたり保管をしたり各部署への薬の供給を薬剤師がまとめて管理することになっています。

中でも、医薬品の品質管理は光・湿・温度の条件に注意を払って万全に管理をすることが大切です。 血液を原料とする医薬品に関しては投薬した薬の製造番号や投与量を10年間という長期間管理することを義務づけられています。 毎日の細かな薬剤管理と月単位や年単位の管理を分けて考えなければなりません。

医師や看護師に対し病院薬剤師は<薬の専門家>としての立場から薬品の最新情報や詳しい知識を的確に伝える役割も持っています。 特に抗生物質や痙攣を止める薬や臓器移植に用いる免疫抑制剤などは医師と一緒になり検討します。 患者様に最適で安全かつ効果的な治療法を考えるという面ではとてもやりがいのある仕事です。

調剤薬局と大きく違うところは患者様への治療のための注射薬の調剤業務もあることでしょう。 期間・速度・経路・投与量など処方箋に記載されている内容が的確であるかどうかをチェックします。

注射薬は混合することによって濁ってしまったりすることもあります。 場合によっては薬の効果が落ちてしまうこともあるのです。 そういったことに関しても事前にチェックを行わなければならないのです。

気になる病院薬剤師の給料相場をご紹介しておきましょう。 新卒の初任給が21万円~25万円となっており初年度の平均年収が300万円~350万円です。 病院薬剤師全体での平均年収が300~60万円です。

製薬会社や調剤薬局など薬剤師が勤務する他の職場に比較して決して高いレベルとは言えないです。 病院によっては夜勤勤務があります。 夜勤手当を含めると年収が30万円~50万円前後上がるでしょう。

病院で勤務する薬剤師の一番のメリットはスキルを積むことができるという点だと思います。 公立病院に勤務する場合は公務員になります。 同じ病院薬剤師でも長年勤務している人の中には800万円を超える年収をもらっている場合も珍しくありません。