勤務場所によって違う薬剤師の初任給や平均年収

薬剤師の初任給はどこが一番高いのでしょうか?

勤務場所によって違う薬剤師の初任給や平均年収

複数の統計を調べてみると最近の薬剤師の平均的な年収は500万円前ですが、この数字はどの地域で働くかとか、正社員かパートかなどワークスタイルによって大きく違います。 ここでは、勤務場所によって違う薬剤師の初任給や平均年収についてお話します。

1番目は製薬会社に勤務する薬剤師です。 一般的に高い水準の平均年収で40歳以上の管理職ならば、1000万を超える人もいます。 大手製薬会社の医薬情報担当者MRの場合は結構高い平均年収です。

20歳代だと500万円前後で、30歳代前半で600万円前後になり、30歳代の後半になると1000万円以上というケースもあります。

2番目は薬局やドラッグストアに勤務する薬剤師です。 初任給は薬剤師手当や管理薬剤師手当などを含んで月収30万円前後です。 病院薬局勤務の薬剤師と比較するとやや高めの水準だと言えます。

5年目から10年目くらいの間になると、ボーナスも含めて平均年収が600万円から800万円程度の昇給がみられます。 店舗の拡大や医薬分業の影響もありドラッグストアで採用される薬剤師は増加傾向にあります。 とりわけ薬剤師が足らない地域では都心部よりも収入面で見た場合にはかなり優遇されています。

3番目は調剤薬局に勤務する薬剤師です。 初任給の水準は25万円前後です。 医薬分業の流れに連れて調剤薬局の新設が増加しており求人数は増えています。

年収ベースでは30歳で400万円から500万円が主流です。 調剤薬局の場合は、安定的な収入が見込めるというメリットはあります。 けれども年収の頭打ちがあるのも否定できません。

4番目は、病院に勤務する薬剤師です。 初任給は各種手当は含まない場合の月給で22万円前後です。 けれども病院薬剤師が不足しているエリアではかなり魅力的な報酬を提示しているケースもあります。

薬剤師は男女差の差別は少ないです。 年齢を重ねても自分のライフスタイルにあった働き方が出来ます。 その時の収入だけではなく生涯どのような仕事をしていきたいのか長期的なプランを立ててみてはどうでしょう。